やってみた, 日々クスろ

こんにちは、ちょっと今回は趣向を変えてお伝えしてみようと思います。
ご挨拶が遅れました、クスろのちーやんと申します。高校まで釧路で育ち、いまは東京で働いています。
クスろの活動を始めてから、なんやかんやで3か月に2回くらい釧路に帰っています。

やはりそこまで帰ってたらもはや変態の領域にも達してきたようで、
会社の人も「なになに、釧路ってどんなとこなの?」と興味を持ってくれ始めたように思います。
その証拠に、行ってみたい!と言ってくれる同僚があらわれたのです!

ということで、先日のシルバーウィークを使って同僚3人(出身は東北・東京・関西)と道東旅行をしてみました。
ちょっと走っただけですぐ大自然の中に入ってしまうところや、運転中に出会う動物たち(牛・馬・鶴・鹿・キツネ・たまにリス)が新鮮だったようです。
そんな旅の様子をざーっくりとお伝えします!

今回は3泊4日。
宿泊場所は釧路→浜中(霧多布)→羅臼(知床)。
8時羽田発ので釧路に上陸し、20時女満別発の飛行機で羽田に戻るというフルフルスケジュールです。

map

旅の軌跡はこんな感じ。ちなみにカメラアイコンはこれから登場する写真を撮影した場所で、ビールは宿泊場所です。
(釧路の宿泊先は私の実家)

000007

まずは釧路湿原!湿原展望台も有名ですが、個人的には細岡展望台が好きです。
サバンナか!という同僚たちの叫び声が聞こえました。

残念ながらこの日は曇り。この後に行った摩周湖は見えましたが、屈斜路湖が見渡せる美幌峠は雲の中・・・
天気って重要だと改めて思い知ったのでした。

2日目は大雨!最東端に行ってみたい!ということで納沙布岬まで(岬はもう大荒れ)
根室さんま祭りにも寄ったのですが、火がつかなかったということで無料の焼きさんまも中止・・・
そのまま宿泊先である浜中まで。なのでこの日は写真ありません・・・あぁ、天気って重要(二度目)

そして3日目!ようやく少し晴れ間が・・・!!
泊まったペンションポーチのオーナーに無人島であるケンボッキ島に連れてってもらいました。

000011

昔は夏の間だけ漁で人が住んでいたというこの島。この小屋の朽ちた感がたまらないですね。

000010

元漁師のオーナー。普段は愉快な方なのですが、船の操縦している姿には惚れます。

000018_blur

船に乗りながらアザラシ(生きてる)に遭遇したのですが、浜辺を歩いていると打ち上げられたアザラシ(死んでる)が!
苦手な方もいると思いますので、ブラー強めにしておきます。
(そこまでグロくはないですので、クリアのが見たい方はクリックしてみてくださいね)

私も初めて行ったケンボッキ島。思った以上に簡単に上まで登れ、その先の広大な景色たまりません。
そして何より船が楽しいー!みなさまぜひ、ご体験ください。クセになります!

000019

浜中を出発してから、地平線が見渡せる開陽台によって、野付半島へ。
野付は砂の半島で、立ったまま死んでいる木々のトドワラとナラワラが有名です。

000020

なんとか夕日も見ることができました。
晴れてる日には国後島も見え、両サイドが海の道路を走る爽快感は半端ないです。

000024

さぁ最終日。泊まった羅臼の民宿が海の真ん前ということで、朝5時に起きて朝日を。ようやく晴れです。

知床観光は、迷ったあげく羅臼湖へ!ぬかるみがひどいということで、羅臼ビジターセンターで長靴をレンタルして挑みます。
車を知床峠に停め、羅臼湖入口まではバスまたは徒歩。

000035

私たちはバスを逃し、徒歩で移動。約40分歩きます。
行く前から疲れてしまったのですが、この美しい羅臼岳をゆっくり見れたのでよしとします。

羅臼湖への道は、前日の雨の影響もあったのかドロドロを通り越してドロ沼です笑
想像以上の過酷さにへばりながらも、一の沼から五の沼までを通り、羅臼湖へ向かいます。

000036

こちらは三の沼から見た羅臼岳。ここは日本なのか?

000037

歩くこと約1時間半。羅臼湖に到着です。ここは日本・・・(もうやめます)
このコースは人も多くなく、ゆっくりと見れるので、お時間と(少しの)体力がある方にはおすすめしたい場所です。
ただ、行かれる際にはきちんとしたトレッキングの格好をした方がよいかもしれません。私みたく、なめた格好で行くと大変です笑

000038

栄養補給には根室名物オランダせんべい!
独特の見た目とパッケージに最初は気味悪がってた同僚たちですが、途中からハマってました笑

000039

最後はオシンコシンの滝に寄り、網走湖の夕日を見ながら女満別空港へ。
こうして慌ただしくも道東の旅は終わったのでした!
全体的に時間がなく駆け足で回ってしまったので、もう一泊増やせばよかったー!と後悔しています。
せっかく道東に行くんだからと、あれもこれもと詰め込みすぎました。

というのも、私のまわりの同年代で道東に旅行したという方が極端に少ないのです。
行ったことある北海道=札幌・旭川・函館周辺がほとんど。
釧路ってどこだっけ?と聞かれることもかなり多いことに上京してから気づきました。
(実は、それが私がクスろを始めるきっかけだったりもします)
なので少しでも、道東を多く知ってほしいという欲張りな想いが出てしまったんですね笑
次に向け、もう少しうまく計画を練って、また東京から人を呼びたいと思います!

今回もう一つ強く感じたことは、天気ってすごく重要!ってこと。だって道東の見どころのほとんどが「大自然」なんですもんね。
『雨の日の釧路(道東)をどう楽しむ!?』ワークショップがしたくなりました。いかがでしょう?笑

あ、そうそう。私のひそかな趣味はフィルムカメラなのですが、今回はその写真を使っています。
まだフィルム使ってるの!?と驚かれることも多いのですが笑、独特な雰囲気を楽しんでいただけたら嬉しいです。

ではでは、長文のお付き合いありがとうございました!
もろもろご興味のある方、ぜひクスろまでご連絡くださいませ!