活動レポート

北中学校授業 レポート

img_7325
秋も深まってきた10月15日に釧路北中学校の1年生の総合授業にて、お話をさせていただきました。
北中学校の総合学習の目的は以下の2つ。

1. 地域と自分との関わりを考える
 興味がある職業(釧路の基幹産業などを含める)を選択することによって地域で働くという疑似体験をする
2. 自分のやりたいことを整理する
 自分の価値観を知り、進路選択時に活用できる思考整理を行う

「若い団体であるクスろが取り組んでいる地域活動の内容中学生に知ってもらう」という趣旨で今回のお話しをいただき、
私たちが中学生(しかもフレッシュ1年生!)に伝えられる内容ってなんだろう…と頭を悩ませながら構成を考えていきました。

img_0504

クスろの根幹って?と考えた結果、「好きなことを突き詰めて行動に移す」であり、それを伝えよう!と行き着きました。
私たちの活動は職業・職種という枠を超えて、本当に色々なことをやっています。
将来なりたい職業を考えるよりも「自分の本当に好きなこと」に気づいてもらい、それが職業につながっていくことを伝えることにしました。
まずは、代表の夏堀と副代表の名塚の自己紹介。自分の経歴やクスろを作るまでのことを話します。

img_0524

会社員だった夏堀が家業のラーメン屋を手伝うために釧路にUターンし、徐々に関心がラーメン屋から街全体に広がっていったこと、
東京にいながら釧路に関われることを探していた名塚が、気がつけば釧路の方が楽しくてUターンしてしまったこと、
そして何よりもクスろは「自分たちらしく釧路に関われることをしよう」との思いから始まり、
「クスッ」「人」がキーワードになっていることをお伝えしました。

img_0538
クスろの活動を写真で見せながら一通り説明が終わったところで、質疑応答タイム。
一つも出ないんじゃないかとちょっとビビっていたのですが、ありがたいことに次から次へと手が上がり、たくさんの質問をいただくことができました。

img_0554
そのあとは簡単なワークをやってもらいました。
職業リストの中から自分がなりたい職業を3つ選んでもらい、なぜそれを選んだのか?を深掘りしてもらいました。
そしてその内容を周りの人と共有し、「何を大切にしているのか」「好きなのか」を聞いてる人に教えてもらうというワークで、
自分の好きなものは自分自身では気づきにくいので、他人に教えてもらおう、という狙いで行いました。
プレゼンと質疑応答で時間が押してしまい、あまりとれなかったのですが、みなさんスムーズにやってくださり大変助かりました!

授業の最後に「大切なのは何の職業に就くかではなく、自分が好きなこと・ワクワクすることを突き詰めることです。それができるなら職業は何でも構わないと思います」と私たちの思いを伝え、締めさせていただきました。

終始、とっても熱心で真面目に聞いてくれた生徒さん!何か一つでも印象に残る話ができていたら嬉しいな〜と思います。
そして今回のお話をくださった北中学校の先生方、本当に貴重な機会をありがとうございました!自由にやらせていただき感謝いたします。

 

img_0564
おまけ。給食前の授業だったので、授業終わりに教室に遊びに行き、懐かしの給食とのツーショット。
生徒さんの元気や仲の良さがガンガン伝わってきて、若いエネルギーを存分にいただいた1日となりました。本当にありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加