2016-10

2016-10-29
“Global Buibui Market” Report -English version-

img_9140
Hello! We held ‘’Global Buibui Market’’ on September 25th,2016.
Let us report how it went!

thumnail_gvv
Global harvest festival 」, which was held last November, was back and made it powerful!
That’s ”Global Buibui Market”! In the harvest season, we had a varieties of seasonal foods like fish and vegetables in Easty We had people who living in Kushiro, from different countries cook their own country’s meals with them.

I’ll show you a look of this event in detail.

img_8990
This event took place atKushiro junior college.We started site management from previous day.
We got many staff-students from National of technology, Kushiro college and Hokkaido university of education in Kushiro students!!!

img_7205
Colorful tents are so lovely.

img_8962
We worked with colorspaints in the gymnasium.

img_8983
Here’s a place workshop.

img_9071
He’s a exchanged student,Kentei. He’s during studying abroad at Kushiro public university.
Another exchange student, Iku is not in this picture, but she had been working.

img_9083
This is the staff-meeting before opening.

img_7143
Started at 10:30!

img_9197
Let us introduce tenant owners of each booth and their state.

img_9113
First of all, this is American booth! Ms. Amy Lovecchio , who has lived in Kushiro for a year, opened up the store!
She sold zucchini breads, truffles, and rice crispy squares. Her smile is so lovely!
We put up signboards which say「May I help you?」in each countries language for each booth.

img_9123
Here’s the booth of Korean, Nam Kyusik. He runs a Korean restaurant, so we had him provide Toppoki,Japchae Gyoza,Pork and Kimchi Fried noodles with customers.

img_9124
The booth from Vietnam was so busy. Six lovely girls who are under training at Kushiro-fish restaurant came here.
They made mackrel spring rolls that were very yummy.

img_9153
Next to Vietnam’s booth was Sri Lanka. This is a picture of Thilak Peiris giving a customer hand-care.
He also gave diagnoses about body-buildiingngi in addition to this massage.

img_7153
By the way, this is a bowl of wonton soup made byLi Yanwei from the Chinese booth.
It’s not really the familiar form of wonton to Japan, is it?

img_9329
Many students help us as staff.

img_9166
These are dumplings which consist of sweet potato from the booth of Taiwan.
It’s called「Chiurien」 Taiwan’s flag is so cute, isn’t it?

img_9297
Her name is Ryuuiku. She was cooking chicken and vermicelli soup called 「Mayojimensen」 with sesame oil.

img_9252
Mr. Kogure provided customers with pies made from crawfishes and shishamo smelt familiar to Eastern Hokkaido.
He runs a fabulous restaurant which is called THE NOOK. It looks so tasty.

img_9327
What a stylish display!

img_9335 This is the curry shop called「
Ikkenya curry Comin
」in Kushiro.

img_9199
His curry and rice is his pride and joy. It was so popular and sold out.

img_9161
We, Kusuro, set up a booth too. We sold fruit syrup, cookies, cakes and coffee.

img_9305
And, this is the second project, “Sister-city without permission”!
This time, we made the three areas below a sister-city.
①Yamagata prefecture, Mamurogawa town;Taro,straw work.
②Gunma Prefecture,Tsumagoi village;Mr.Sato‘s Cabbage
③Hyogo prefecture, Tanba city;Organic vegetable(Fuenomichi Farm)

img_9267
At this event, we also planned an interesting program where customers had to take action at each booth.
They collected each stamp for the sake of increasing interaction between tenants-owners and visitors.

img_9268
Here’s two girl who collected all the stamps from each booth and got an award. Thanks for everyone attending this program!

img_9203
In the gymnasium, the workshop of design and manufacturing intended for children was held.

img_9351
Here we are making a flag in the hope of a great catch of fish.

img_9343
All Children seem to have enjoyed it.

img_9183
Another workshop is ”March on weird sea creatures”

img_9188
First, we let children choose their favorite boxes to create their “weird sea creature”.

img_7150
Big ship, too!

img_9361
After choosing each box, they painted with their favorite colors and make holes in parts for the eyes.

img_9208
They ended up like this!

img_9230
They went out and started several parades to music.

img_9458
We went to the nearby park with this figure to advertise this event.

img_9496
In the last parade, we carrie the completed flag.

img_9519
We took ceremonial pictures with everyone.

img_9524
At the end, we took some ceremonial pictures with all staff and tenant owners!
We finished this event without any trouble thanks to a great deal of people’s cooperation. Thanks a million!
We hope that this event will be a trigger for anyone who dropped by and learnt that “there are such people and organizations like this in Kushiro!”

Finally, let me introduce all the staff involved in this event!
img_9541
National Institute of technology, Kushiro college students.

img_9546
Students of Hokkaido University of Education in Kushiro.

img_9544
AND! Everyone from Kushiro Public University!

img_9015
Mr. Kogure ,who came to Kushiro all the way from Sapporo to help us.

img_9554
AND! We had an unexpected visitor. Her name is Yuna from Koyou elementary school.
She joined and opened a store at Global Harvest Festival last year.

We wouldn’t have finished this event without any accidents if you hadn’t cooperated with us.
Thanks a million! We’re looking forward to working with you again!

学生スタッフ航太が翻訳をしてくれました! / This article was translated by student’s staff Kota!
kotaはじめまして!英語圏への留学に向けて日々勉強中の航太です。現在大学4年生で、釧路で過ごす日も徐々に少なくなってきました。
先日参加したグローバルブイブイマーケットでは、参加者の方々と交流を深めることができ、国際交流に興味津々の自分にとっては願ってもいない素晴らしい機会でした!
英訳はかなり大変で、改めて自分の英語の未熟さに驚きました…拙い英語ですが、このイベントの素晴らしさが伝われば嬉しいです!
これをきっかけに、もっともっと英語で自分の暮らしてる街を、釧路の魅力を発信していくことが今後できたらなと思います!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016-10-28
エゾシカハンターさんによる鹿肉BBQ!

img_7435

「ひと」めぐりでもご紹介したことがあり、「百聞は一見にシカずナイト」で鹿肉をご提供してくださったエゾシカハンターの菊池和広さんが鹿肉BBQをしてくださり、参加してまいりました!
見てくださいこのお肉。こちらモモ肉でございます。じゅるり。

img_1753

たまたまこの日は札幌と東京から友人が来ていて、鹿肉興味ある?行かない?と誘ったところ、二人ともお肉大好きだったようで喜んで来てくれました。
持つべきものはフットワークが軽くてお肉が好きな友人です。
こちら、先ほどのもも肉を刺しているところ。菊池さんの手さばきがなんとも言えずかっこいい。


img_1816

そしてトップの写真のようにいい色がつくまでくるくる回しながらじっくり焼いていきます。
ハーブに浸けられてた肉がなんともおいしそう。よだれをこらえながらひたすらまわします。

img_1814

一方その頃、シティーガールたちは解体場で菊池さんに狩猟に関わることやエゾシカを取り巻く状況など話を聞いたようでした。
二人とも肉のこういった状態を見るのは初めてだったとのことで、興味深かったようです。

img_1953

さてお肉に戻りましょう。こちらはリブ!他のお肉と違って、脂っぽくなくぜんぜん胸焼けがしないので、スルスルとお腹に入っていきます。

img_1949

そしてこちらはレバーと心臓!内臓は新鮮な状態でないと食べれないのでなかなか出回らないとのこと。
もう、今まで食べていたレバーはなんだったんだろう…というくらいクセがなくプリップリでおいしかったです。

おいしいしか語彙力のない自分が情けなくなるくらい、本当においしかった鹿肉。今思い出してもまた食べたいです。
菊池さん本当にありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016-10-28
北中学校授業 レポート

img_7325
秋も深まってきた10月15日に釧路北中学校の1年生の総合授業にて、お話をさせていただきました。
北中学校の総合学習の目的は以下の2つ。

1. 地域と自分との関わりを考える
 興味がある職業(釧路の基幹産業などを含める)を選択することによって地域で働くという疑似体験をする
2. 自分のやりたいことを整理する
 自分の価値観を知り、進路選択時に活用できる思考整理を行う

「若い団体であるクスろが取り組んでいる地域活動の内容中学生に知ってもらう」という趣旨で今回のお話しをいただき、
私たちが中学生(しかもフレッシュ1年生!)に伝えられる内容ってなんだろう…と頭を悩ませながら構成を考えていきました。

img_0504

クスろの根幹って?と考えた結果、「好きなことを突き詰めて行動に移す」であり、それを伝えよう!と行き着きました。
私たちの活動は職業・職種という枠を超えて、本当に色々なことをやっています。
将来なりたい職業を考えるよりも「自分の本当に好きなこと」に気づいてもらい、それが職業につながっていくことを伝えることにしました。
まずは、代表の夏堀と副代表の名塚の自己紹介。自分の経歴やクスろを作るまでのことを話します。

img_0524

会社員だった夏堀が家業のラーメン屋を手伝うために釧路にUターンし、徐々に関心がラーメン屋から街全体に広がっていったこと、
東京にいながら釧路に関われることを探していた名塚が、気がつけば釧路の方が楽しくてUターンしてしまったこと、
そして何よりもクスろは「自分たちらしく釧路に関われることをしよう」との思いから始まり、
「クスッ」「人」がキーワードになっていることをお伝えしました。

img_0538
クスろの活動を写真で見せながら一通り説明が終わったところで、質疑応答タイム。
一つも出ないんじゃないかとちょっとビビっていたのですが、ありがたいことに次から次へと手が上がり、たくさんの質問をいただくことができました。

img_0554
そのあとは簡単なワークをやってもらいました。
職業リストの中から自分がなりたい職業を3つ選んでもらい、なぜそれを選んだのか?を深掘りしてもらいました。
そしてその内容を周りの人と共有し、「何を大切にしているのか」「好きなのか」を聞いてる人に教えてもらうというワークで、
自分の好きなものは自分自身では気づきにくいので、他人に教えてもらおう、という狙いで行いました。
プレゼンと質疑応答で時間が押してしまい、あまりとれなかったのですが、みなさんスムーズにやってくださり大変助かりました!

授業の最後に「大切なのは何の職業に就くかではなく、自分が好きなこと・ワクワクすることを突き詰めることです。それができるなら職業は何でも構わないと思います」と私たちの思いを伝え、締めさせていただきました。

終始、とっても熱心で真面目に聞いてくれた生徒さん!何か一つでも印象に残る話ができていたら嬉しいな〜と思います。
そして今回のお話をくださった北中学校の先生方、本当に貴重な機会をありがとうございました!自由にやらせていただき感謝いたします。

 

img_0564
おまけ。給食前の授業だったので、授業終わりに教室に遊びに行き、懐かしの給食とのツーショット。
生徒さんの元気や仲の良さがガンガン伝わってきて、若いエネルギーを存分にいただいた1日となりました。本当にありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016-10-23
【終了】11/1 再生可能エネルギー@ヨーロッパ勉強会

\再生可能エネルギー@ヨーロッパ勉強会を開催します!/

14803255_10211645589644552_781871070_o

みなさんこんにちは、クスろ学生スタッフのかしこです。
この数年で、釧路地域のあちこちに「ソーラーパネル」が増えてきました。
2016年4月の「電力自由化」によって、電気やエネルギーに関心が高まる中、私たちは何を知り、どうエネルギーと付き合っていけばいいのでしょうか?
さて、そこで今回は!エネルギー初心者の私たちでもわかる、平岡俊一先生がヨーロッパの視察体験を通して優しく丁寧に教えてくださる勉強会を開催いたします!

平岡先生は北海道教育大学釧路校で教壇に立ちながら、
「くしろソーシャルデザインネットワーク」で代表理事も務めらています。
平岡先生のご専門である、地域社会、再生可能エネルギー、NPO法人など、さまざまなワードを絡めながら、
今回ヨーロッパで何を見てこられたのか、どんな発見があったのか
を伺うとともに、釧路地域で何ができるかのディスカッションなどを含めた新しい発見たっぷりの2時間半となっています。

ヨーロッパの街とくしろが似ているところって?
再生可能エネルギーって気になるけど、どんなものなの?
エネルギー先進国って今どうなってるの?

そんな疑問をお持ちの方はぜひいらしてくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<日程>
11月1日(水)19:30-22:00

<会場>
ラーメン屋夏堀(釧路市春日町4-3)

<参加費>
500円(お茶・お菓子代込)

<参加方法>
fbイベントページに「参加」いただくか、下記お問い合わせアドレスまでお名前を明記の上、ご連絡ください。

<お問い合わせ>
info@kusuro.com

<Facebookイベントページ>
https://www.facebook.com/events/1346223178723186/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

~以下平岡俊一先生プロフィール~

1978年 愛媛県松山市生まれ
2001年 立命館大学産業社会学部 卒業
2006年 立命館大学大学院社会学研究科博士課程後期課程 修了
2006年 NPO法人気候ネットワーク 研究員(~09年)
同    立命館大学非常勤講師(~09年)
2009年 龍谷大学地域人材公共政策開発システムオープン・リサーチ・センター博士研究員(~10年)
2010年 北海道教育大学教育学部釧路校 講師
2014年       同        准教授(~現在に至る)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016-10-06
グローバルブイブイマーケット レポート

img_9140

こんにちは!9/25に開催したグローバルブイブイマーケットを開催しました。その様子をご報告します!

thumnail_gvv

昨年11月にあっという間に完売してしまった食イベントグローバル収穫祭」がパワーアップして帰ってきました!
それが「グローバルブイブイマーケット」です。
収穫の季節、魚や野菜など釧路地域にも様々な旬の食材が美味しい時期。
その食材を使って、釧路に住んでいる海外のみなさんに各国のお国料理「旅するひと皿」をふるまってもらいます!
グローバルブイブイマーケットはそれだけではなく「勝手に姉妹都市から届いた産直市」
「へんてこをいっぱい作ろう!ものづくりワークショップ」も同時開催しました。
詳細は後ほど写真と一緒にご説明いたします!

img_8990

会場は釧路短期大学の前庭と体育館。前日から机やテントの搬入を開始します。
手伝ってくれたのは釧路高専・教育大学釧路校の学生スタッフたち!

img_7205

テントや机は市民活動センターわっとからお借りしました。カラフルなテントがかわいいです。
男手が多かったおかげでスムーズに搬入・設置作業が進みました。

img_8962

体育館では絵の具を使った作業も同時進行中。

img_8983

こんな格好でもしっかり準備中。
体育館の床に全面ブルーシートを敷き、ここはワークショップ会場になります。

img_9071

釧路公立大に留学中の台湾の吳建廷(ゴケンテイ)さん・(写真には映っていませんが)劉育(リュウイク)さんは
公立大の学生スタッフと夜遅くまで仕込み作業をしていました。

img_9083

当日の開場前には出店者さん・スタッフ全員集合し、自己紹介とブースの説明をしてもらいました。

img_7143

慌ただしく準備をしながらも、10時半に無事スタート!

img_9197

では出店者さんと会場の様子を見ていきましょう!

img_9113

まず、こちらはアメリカブース!釧路に来て1年になるエイミーさんが出店してくださいました。
ズッキーニパン、ライスクリスピートリート、トリュフを販売。笑顔が素敵ですね〜
ちなみに各ブースにはそれぞれの国の言葉で書かれた「いらっしゃいませ」の看板をつけました。
前日の色ぬり作業はこれを作っていたのでした!
看板の色も出店者さんと相談しながら決めましたのですが、どうでしょう?各国のイメージカラーと近くありませんか?笑

img_9123

こちらは韓国ブースの南さん。韓国料理屋を営む南さんにはトッポギ、チェプチェ餃子、豚キムチ焼きそばを出していただきました。
海苔や飲み物など、韓国の物産もたくさんあり、本当の韓国の屋台のようでした!

img_9124

ベトナムブースはこれまた賑やか!釧路フィッシュさんで研修中のかわいい6名が来てくれました。
鯖を使った春巻きに、エスニックな香りのするベトナム風ソースがマッチしていました!

img_9153

そのお隣、スリランカブースではアーユルヴェーダ師ピーリスさんによるハンドケア。
マッサージの他に体質診断も行なっていました。体質に合ったオイルを使ったマッサージ気持ち良さそうです!

img_7153

さてこちらはというと、中国ブースの餃子講師である李さんが作ったワンタンスープ!
なかなか日本ではみかけないワンタンの形ですね!

img_9329

中国ブースは緑と黄色。外で調理予定だったのですが、この日は風が強く、屋内で調理し運んでくる形態に急遽変更。
調理中、学生スタッフがブースをしっかり守ります。

img_9166

こちらは台湾ブースのさつまいも団子「地瓜圓(ディグァエン)」。台湾の旗がかわいいですね!

img_9297

ブースの後ろでは麻油雞麵線(マヨウジメンセン)という鶏のごま油のそうめんスープを取り分ける劉育(リュウイク)さんの姿も!

img_9252

道東に馴染みのあるザリガニとシシャモを使ったパイを出してくれたのは、札幌でTHE NOOKという素敵な飲食店を営まれている小暮さん。
この日のために札幌から駆けつけてくれました!

img_9327

札幌でクスろのことを応援してくださってるとのこで、恐れ多くも「クスろ札幌支部」として出店いただきました!
おしゃれなディスプレイ、勉強になります!

img_9335

そしてこちらも、いつもクスろを応援してくださってる釧路の富士見にお店を構える「イッケンヤカレーコミン」さん。

img_9199

ご自慢のストリングカレーを出していただきました。お店でも人気のカレーは、やはりここでも人気者!

img_9161

私たちクスろもブースを出させていただきました。
フルーツシロップやクッキー、ケーキなどの甘いものや、 コーヒー豆の店サンサン」と作ったオリジナルブレンドを販売しました!

img_9305

そしてこちらが2つ目の企画となる「勝手に姉妹都市」ブース!
スろがこれまでお世話になった地域を「勝手に姉妹都市」と認定させていただき、その地域の特産品を直売しました。
今回、姉妹都市とさせていただいたのは以下の3つの地域です。
どの地域もクスろが活動する上で参考にさせていただいたり、アドバイスをいただいている魅力的なところです!
①山形県真室川町:甚五右ヱ門芋(里芋)工房ストローの藁細工
②群馬県嬬恋村:キャベツ農家佐藤さんの自慢のキャベツ
③兵庫県丹波市:丹波の山奥で育った有機野菜(ふえのみち農園)
釧路ではなかなか見ない特産物ばかりで、立ち止まって見ていくお客様も多かったです。
勝手に姉妹都市、これからも増やしていけたらと思っています!

img_9267

さて、グローバルブイブイマーケットでは各ブースでお客様にアクションを行ってもらい、スタンプを集めるというスタンプラリーも行いました。
アクションは各国の言葉で「〇〇と言ってみよう」というものから「ダジャレを一つ」「野菜と一緒に写真を撮ってみよう」など様々。
出展者さんと来場者の交流を増やせればと企画したのでした。
ちなみに実際に来場者の方が言ってくださったダジャレの一部をご紹介!
シャレの一つでも言いなしゃれ
ストーブがすっとぶ
お後がよろしいようで。

img_9268

スタンプの数でプレゼントも!こちらは全ブースのスタンプを集めてビッグブイブイプレゼントをゲットしたお二人!
その他にも全部で4組の方がビッグブイブイしてくださいました。みなさまご参加ありがとうございましたー!

img_9203

体育館では体育館ではお子様向けのものづくりワークショップを開催していました。

img_9351

まずこちらは「フレフレ大漁旗づくり」。大きなシーツに絵の具で色をつけていきます。

img_9343

手を大きく動かして塗り塗り。熱中するお子さんも多くいらっしゃいました!

img_9183

もう1つのワークショップは「へんてこ海獣大行進」 おいしい匂いにつられて釧路のまちにへんてこ海獣がやってきた〜

img_9188

まずはへんてこ海獣を作るために好きな箱を選んでもらいます。
あれ?奥になんか見たことのある形が…花時計??

img_7150

多きな船も…!
そうなんです!釧路の街をイメージして、いろいろなハリボテ看板を用意しました!MOOや魚などもあるんですよ〜

img_9361

箱を選んだら好きな色に塗って、目のあたりに穴を開けます。へんてこ海獣がだんだん出来上がって来ました。

img_9208

そしてカラフルな蓑(みの)をつければあっというまへんてこ海獣に大変身!

img_9230

変身したらみんなで外に繰り出し、音楽にのってへんてこパレードがスタートします!
パレードは1時間置きに行い、多くのお子様にご参加いただきました!へんてこ〜

img_9458

このへんてこ海獣はスタッフの中でも大人気で、変身した姿で向かいの公園まで宣伝に行ってくれた人もいたほどでした。

img_9496

パレードの最後の回は、出来上がった大漁旗も一緒に行進し、ラストを彩りました。

img_9519

パレードに参加してくれたへんてこ海獣のみんなで記念撮影。がおー

img_9524

最後は出店者・スタッフで記念撮影!今回も大勢のみなさんのご協力のもとで無事終えることができました。
ありがとうございました!
会場に来ていただいた方やこのイベントを知ってくださった方に「釧路にこんな人がいたんだ!」と
少しでも知ってもらえるキッカケになっていれば幸いです。


では最後に、グローバルブイブイマーケットの裏方をつとめてくれたスペシャルサンクスなみなさまをご紹介して締めさせていただこうと思います!

img_9541

いつもイベントを手伝ってくれる釧路高専のみなさん!
つくりものから出店者さんのサポート、駐車場整備まで幅広く助けてくれました!
動きの良い高専のみなさんにいつも支えられています!

img_9546

続いて教育大学釧路校のみなさん!
つくりもの・クスろブースでの販売・英語サポートなどいろいろな場面で助けてくれました!
前日にお願いして急遽当日お手伝いに来てくださった方も!ありがとうございました!

img_9544

そして釧路公立大のみなさん!
留学生のサポートを全面的にしてくださり、英語サポートでもお世話になりました!
留学生との信頼関係の築き方はいつも勉強になります!

img_9015

クスろ札幌支部を務めてくださった小暮さんも、前日から色ぬりや値札つくりを手伝ってくださいました!
お疲れの中、度重なる無茶振りにも快くご対応くださり、ありがとうございました!

img_9554

そしてとても嬉しいお手伝いも!
昨年のグローバル収穫祭で出店してくれた光陽小学校のゆうなちゃんがクスろブースで売り子さんをやってくれました。
昨年、総合学習の授業の時からイベント当日までいろんな場面で取り仕切ってくれた頼り甲斐のあるゆうなちゃんから
「今年も何かお手伝いできませんか?」とご連絡をいただき、ありがたく手伝っていただくことになったのです。
長時間に渡る立ち仕事で疲れてるはずなのに、そんなことを感じさせず手伝ってくれる姿に、逆に元気づけられるスタッフ一同でした。

また、写真でご紹介した方のほかにも、出店者の方を紹介してくださったみなさま・備品を貸してくださったみなさま・会場である緑ケ丘学園のみなさま、
その他にも多くの方のご協力があり、無事に終えることができました。本当にありがとうございました!!
至らない点も多々あったかと思いますが、この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

どうぞ今後とも我々クスろをよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加