2016-07

2016-07-23
「ひと」めぐりTOUR vol.2 レポート(2日目)

さぁ「ひと」めぐりTOUR2日目です 今回も長いですが、どうぞお付き合いください。

IMG_3358
2日目の朝も釧路駅からスタートです。
この段ボール製のフラッグは2日目も活躍します。
「布だと風になびいていない時しなっとするな…じゃ段ボールだな」ということでこの形態に。
「皆さん、こちらです〜!」

IMG_3417
4組目となるクスろ人は「暖かな学び舎『en.shareplace』を取り巻く4人の女性たち」。
左から荒井さん・甲谷さん・赤間さん・平川さんです。
en.さんは昨年冬にプレオープンし、今年の春から正式にオープンしています。
ここは、4人それぞれの店舗と、レンタルスペースが1つの建物内にある施設です。

IMG_3460
まずは施設を案内してもらいました。
こちらは洋服やカバン、アンティークの手芸用品などを扱う平川さんのお店Lin+(ラン プラス) 」 男性参加者も興味津々、見入ってます。

IMG_3470

そしてこちらはハンドメイドのバブーシュ(ルームシューズ)などを販売している甲谷さんのお店Laugh sion(ラフ シオン)
en.さんに来たことのない参加者がほとんどだったため「こんな場所が釧路にあったんだ〜」という驚きの声が多数聞かれました!

IMG_3544

そのあとは雑貨・パン作りワークショップを2チームに分けて行いました。
(前半と後半でチームを入れ替えて、全員両方とも体験させていただきました!)
まずはこちら赤間さんのパン教室「Studio AKAKOU」でパン作り!

IMG_3475

作るのはなんと…「クスろベーグル」!!
この日のために調合していただいたとのことで、本当にありがとうございます。
嬉しい赤間さんからのサプライズにクスろスタッフのテンションが上昇。
北海道素材にこだわりぬいたベーグルとなっております。

IMG_3512

生地をコネて伸ばして作っていきます。
パンブームの世の中ですが、パン作り経験者は少なく「こうやって出来るんだ」「自分でも作れるんだ」という言葉が飛び交いました。

IMG_3553

成形してワークショップは終了!時間の都合上、このあとの工程は赤間さんにお任せします。
生地の発酵を待つ間は、en.の発起人である赤間さんがどのように仲間を集めていったのかや、en.の経営の仕方、パン作りを始めた経緯等を伺いました。
赤間さんが繰り返しおっしゃっていた「自分たちのライフスタイルに合わせた形で」「一人で切り盛りするのは難しくても何人か集まることでできた」という言葉がとても印象的で、en.のスタイルの成り立ちを知ることができました。

IMG_3434

続いて、こちらは甲谷さんが先生の雑貨作り。
レジンという透明な樹脂を使ったアクセサリー作りか、バブーシュにペインティングのどちらかを選びます。
こちらはアクセサリーのベースとなるパーツ。す、すごい!

P1110536

さらにその上にのせるパーツを選んでいきます。こんなにあると選ぶだけで楽しくなります。
「レジンはその人の頭の中が出て面白いのよね〜」と甲谷さん。
おとなしそうな外見の方が、明るく派手な作品を作る、といった意外な時もあるそうです。

P1110521
パーツをひとつひとつ載せていきます。ここでもどう載せたらいいのか迷います。
「あーこっちの色もいいな…」「これもかわいい!」 何かを作るって試行錯誤の連続だな〜と改めて感じた、手作業が少なくなった今日この頃でした。

IMG_3431

そのお隣はバブーシュにペインティングをするワークショップ。たくさんの絵の具が用意されてます。

P1110526

「はい描いて〜」の合図で始まったのですが、その瞬間固まってしまった参加者も笑
何もないところから自分なりのデザインを見つけるのは、時間がかかるものですね。
甲谷さんがサンプルの布を見せてくれたり、アドバイスをくれたりし、バブーシュの神が降りてきてからはこの真剣さ!

IMG_3564

出来上がったのがこちら!どれもその人の個性が出てかわいいですね!

IMG_3581

甲谷さんはワークショップでは「食べ放題の状態」を作るとおっしゃっていました。
素材をたくさん用意して、何をやってもいいように何でもできる状態にしておかないと、その人の表現したいものが自由に表現できない、ということだそう。
今回も、その食べ放題を堪能することができ、自分たちの作りたいものを作れたとても楽しい時間となりました!

P1110590

そして焼き上がったパンがこちら!
少しだけパンをつまみ食いしながら、荒井さんのコノワカフェのドリンクをいただきました。
焼きたてのパンは外は歯切れよくサックリとして中はもっちもち、丁寧にハンドドリップされてたコーヒーは味わい深くどちらもとても美味しかったです。

IMG_3676
最後はもはや恒例となった集合写真!それぞれ作ったものを持っています!
en.のみなさんにはこの日のためにたくさんの準備をしていただきました。
皆さんならではの細やかな気配りと、参加者の学ぶ楽しさを引き出す工夫が満載でした。
お忙しい中、本当にありがとうございました!

IMG_3679

さてさて、本当ならすぐ次の目的地へ行くはずだったのですが、まさかの時間が巻きになってしまったので、
釧路で一番古い神社である厳島神社にちょっと寄り道。 そこにはなぜか袴を着た方が…!

IMG_3682

この方は厳島神社の権禰宜(ごんねぎ)の菊池さんで、クスろ代表・副代表の同級生なんです。
この日は神社にいらっしゃるとのことだったので、急遽案内をお願いしたのでした!
お祭りや初詣では定番の厳島神社ですが、菊池さんの軽快神社トークには「へー!」と思うことがたくさんありました。
狛犬などの神社にいる動物の役割や、お神木がなぜ海風に晒されても成長を続けるのかなど…
ご本人曰く、「神社にまつわるお話はまだまだある、あと80以上はある」とのこと笑

IMG_3824

せっかくなので参道で記念撮影!びっくりするくらい新緑がきれいでした。
突撃したにも関わらず快く対応していただき、ありがとうございました!

IMG_3836

厳島神社を後にして、いよいよ5組目のクスろ人のもとへ!

IMG_3844

こちらが5組目のクスろ人である「今日ものんびり穏やかに。釧路に移住してきたカレー屋さん」鎗田武志さん。 後ろは奥様の美穂さん。
鎗田さんは2年前に釧路に移住してカレー屋さんを営んでいます。

IMG_3890

コミンさんご自慢のカレーができるまで、しばし店内を散策。こだわりがつまった店内に興味深々のみなさん。
あちこちにある本や雑貨を手にとって見ています。

IMG_3870

そして背中にその声を受けながら、大量のカレーを作るマスター!

IMG_3907

カレーが運ばれてくると食べるのに夢中で、いつの間にか無言に笑

IMG_3933

en.のみなさんも引き続き来てくださり、一緒にカレーをいただきました!
ここではen.さんと鎗田さんのつながりもお話いただきました。
en.さんでは改装時に鎗田さんが講師となり「漆喰壁塗りワークショップ」をしたそう。

IMG_3949

食事をしている間、クスろが作った「やりたけ7つの噂」というボードに書かれた噂の真相を話してくれました。
もともとは札幌で居酒屋を経営してたこと、たくさんの業種を経験したこと、釧路に初めて来て移住するまでのことなどなど、 本当に盛りだくさん伺うことができました!

IMG_3956
14年前に一度転勤で釧路に来た時には仕事ができるキレッキレの天狗状態だったそうですが、釧路で出会った人達がキーパーソンとなり、
性格も人との関わり方も柔らかくなっていったのだとか。
今ではこのビッグソフトスマイルです。

IMG_3970

最後は鎗田さんのブログでいつも登場する坂の前で記念撮影!
さぁ、いよいよ次が最後のクスろ人となります。

IMG_3975

6組目となるクスろ人は「地域の人に密着した蔵へ 釧路唯一の地酒『福司』の若蔵人」梁瀬一真さんです。
この日は特別に蔵を見学させてもらえることに!!

IMG_4009

まずは日本酒の作り方をおしえてもらいます。
米を洗う、蒸す、発酵させるといった各工程ごとにも細かいこだわりが随所に…酒造りって深い。

IMG_4022
こちらは原料となる米。米の研ぎ加減によって味が全然変わってくるのだとか。
最近では、北海道産米が日本酒界で人気上昇中ということも教えていただきました。

IMG_4111
そして蔵の中へ!立ってから90年近くこの蔵は、釧路であった幾度の大地震にびくともしなかったそうです。
写真右側に並ぶ太い柱は、現代の建築物にはもう見られないという樹齢100年近くの木を使っているので、大工さんたちが見ても感動してくれることも多いとか。

IMG_4096
蔵の中では福司の歴史とともに日本酒造りの細かい作業について話してくださいました!
スピード勝負の酒造り。真冬でもTシャツで蔵内をダッシュするそうです。

IMG_4126
ツアー前に、せっかくなのでお酒を飲みたい!釧路っぽいお酒用意してください!というクスろの無茶振りがあったのですが、「海底力(そこぢから)」という炭鉱内で熟成させるお酒が人気ですでに完売だとか。
なので海底力と同じ米を使っている純米吟醸をご用意していただきました!
※海底力の詳細については梁瀬さんのブログをぜひご覧ください

IMG_5972 「ん、うまい!」
ふわっと広がる香りと、スッキリと飲み口のいいお味をいただきました。

IMG_4138

最後にまたまた記念撮影!梁瀬さん、美味しいお酒をありがとうございました!

IMG_4156
クスろ代表の夏堀から、参加者のみなさんへのお礼を兼ねた挨拶でツアーを締めくくりました!
1泊2日の濃ゆーい旅となった今回。 初めての試みで私たちもどうなるか想像がつかない部分も多々ありましたが、
参加者のみなさんやクスろ人のみなさんの多大なご協力のもと、無事終えることができました!
本当にありがとうございました。

参加者からは以下のようなコメントをいただきましたので、一部ご紹介させていただきます。

・ツアーであった人は自身の業や経験を言葉だけでなく生き様を含めて伝えてくれたと感じた
・改めて人のつながりについて考えさせられるいいきっかけとなった
・釧路の人は冷たい人が多いと思っていたが、クスろ人たちは口を揃えて釧路の人の魅力を話していたことにびっくりした
・通常のツアーでは密に人と知り合うことはできないが、今回は一気に友達のような関係までになれた

参加者のみなさんには旅の写真と全員の感想をまとめたフォトブックをお送りする予定です!
そして、次回の「ひと」めぐりツアーは、「冬の釧路でできること」をテーマに年内中の実施を予定しています。
詳細が決まりましたらまたお知らせいたしますので、しばしお待ちください!
お楽しみに〜!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016-07-22
「ひと」めぐりTOUR vol.2 レポート(1日目)

7月17日と18日の2日間、「ひと」めぐりTOUR vol.2を開催しました! その様子を簡単ですが報告したいと思います。
長くなるのでまずは1日目から!(それでも長いですが、どうぞお付き合いください!)

IMG_2544

「ひと」めぐりTOURとは?
クスろ港「ひと」めぐりで紹介させていただいている魅力的な人(以後、クスろ人)に実際に会えるツアーです。
みなさんが旅に出る時、「どこに行きたい?」よりも、「
誰に会いたい?」を大切にして旅の計画をしてみたことはありますか?
その土地のグルメ、綺麗な景色だけでも旅って楽しいものです。
だけど、魅力的な誰かがそこにいた時、楽しさはさらに増し、忘れられない旅となるはず。
そんな旅を通じて釧路の魅力を伝えたくて、その土地の暮らしを支える「人」にフォーカスを当てた旅をつくりました。
今回は6組のクスろ人と数珠つなぎに会っていただき、一緒にディープな体験をしてもらいます。

IMG_2526

集合場所は釧路駅。946は今日も変わりません。

IMG_2540

朝9時。参加者が続々と集まってきました。
釧路在住の方に加え、札幌・東京・神奈川といろいろな地域から約10名の方が参加してくださいました!
あれ?なんでみんなジャージなの?これから部活なの?と思った方もいるかもしれませんが、
昆布干し作業のため、汚れても良い格好での集合をお願いした結果でございます!
決してみなさまの普段着というわけではありません笑

DSC07185

最初のクスろ人は「活き活きするキッカケづくりがライフワーク 人と人とをつなぐイベンター」相原真樹さん。
相原さんはツアーのガイド役として、この日はまるっとご一緒いただきます。

DSC07193
バスに乗り込む前にさっそく相原さんの仕掛けが! バスの座席をくじで決めます。
ほとんどが初対面の人と隣同士、ドッキドキ。

DSC07221

そしてバスの中では「隣の人との共通点を探す」というアイスブレークが行われました。
お互いの話をし合った後に全員で共有をしたのですが、意外だったり面白い共通点が多く、ここで一気に参加者同士の距離が縮まりました。

IMG_2584
釧路駅から車を走らせること約1時間。厚岸郡の床潭(とこたん)に到着しました。
本当はここで昆布干しを体験する予定だったのですが…この日は天候の影響で漁の時間が短く、
残念ながら到着した時にはすでに干し終わっていたのでした。
なので、今回はまた違う作業をお手伝いさせていただきます(こちらは後述)
それにしても、見渡す限りの昆布。これには参加者からも驚きの声が!

DSC07295
そしてここで2人目のクスろ人登場!「海とお祭りとまちを愛する名物漁師」長崎進悟さんです。
何か挨拶して〜と雑な振りをするクスろ夏堀に「照れるからやめろ」と返すも、
「わからないことは何でも聞け!」と長崎さんらしい挨拶をいただきました。

DSC07328
濡れた状態の昆布に始めて触った参加者からは「こんなにすべすべなの!?」「すごい長い」と驚きの声が。

DSC07361
長崎さんに「昆布は何mなんですか?」と尋ねながらも「いい匂い」思わず顔をうずめてしまいました。
ちなみに昆布の長さは15mだそうです。長っ!

IMG_2654

続いては奥様の勝子さんに昆布の仕分け作業を見せてもらいました。
長年の経験で、見たり持っただけで昆布が何等なのかすぐに見分けがつくそう。

IMG_2686

昆布の試食も。ん、うまい!

IMG_2757

今回の目的の2つ目は床潭の海の食材でバーベキュー!外に出ると驚くほどの海の幸が!
花咲カニ・イワシ・サバ・イカ・ツブ・牡蠣・タコなどなど…

DSC07450
生きた花咲カニも。まだ動いています。こちらは勝子さんが鉄砲汁にしてくれます。

IMG_2780

長崎さんのお孫さんも加わって、さっそく焼き始めます!牡蠣もツブもでかい!

IMG_2811

だいぶ焼けてきたところでかんぱーい!

IMG_2909

「あ、あつい、う、うまい、はふはふ」

IMG_2993

おいしさでうっかり忘れそうになってましたが、私たちは昆布干しを体験するために来たのです。
ということで、食べるのを一時中断して、朝に干した昆布を乾燥機にかけるために、十数本を束にして乾燥室(小屋)まで運ぶお手伝い。
(ちなみに、天気がいい日は天日干し、曇り等の乾ききらない日は乾燥機にかけて乾かすそうです)

IMG_3017

まだ湿っている昆布は長さもあり、かなりの重さになるので、想像以上に力が必要です。

DSC07575

浜の上から下までびっちり敷いてあった昆布を束ねて持って行きます。
まだあるの?という量で、最初はあった会話も徐々に無言に…足腰にかなりくる作業です。

DSC07627

短い昆布は洗濯バサミで一枚一枚挟んで干すのだそう。
少しも無駄を出さないやり方には感心するばかりでした。

IMG_3031

手伝いが終わった後は、勝子さんから鉄砲汁が振舞われました!
カニがいっぱい入った鉄砲汁は言うまでもなく美味! これがまた疲れた体に染みました。

IMG_3101

しばしワイワイしていると長崎さんから「船のせてやるぞ!」との声が!
なーんとサプライズで近くの無人島、「大黒島」を見に連れて行ってもらえることに(これはスタッフも知らず大喜び)

IMG_3172

海の上の長崎さんは陸の時とはまた違う格好良さが…さすが船長。
にしても、隣の人の間抜けな顔は何なんでしょう。

DSC07756

残念ながら霧が多くて大黒島(晴れていればアザラシが!)をはっきりとは見ることはできませんでしたが、
ほぼ全員が漁船初体験ということもあり終始大興奮でした!

IMG_3263

最後は全員で記念撮影。バーベキューの最中、長崎さんからは昆布や漁の話を色々と伺うことができました。
長崎家のみなさん本当にありがとうございました!

IMG_3267

床潭を出発し、厚岸町にあるソフトクリームが有名な森高牧場へ!
みんなでソフトクリームを食べていると…

IMG_3269

あれ?どこかで見たことのある顔が…笑
なんと、翌日が雨予報で漁がお休みということで長崎さんも釧路まで一緒に来てくださることに!
ジャージ姿から一転、ハンチングがよく似合うこのハードボイルドさ。
ということで車を走らせ約1時間、長崎さんも一緒に釧路市内へと向かいます。
(昆布の疲れからか帰りの車内はみんな爆睡でした笑)

DSC07813

そして民宿休坂に到着!
ここにはクスろ人3人目となる「奄美の旅人と山梨の旅芸人が営む、楽しくてちょっと怪しい民宿・カレー屋」増田和美・やよいさんが。

DSC07784

もちろんこの方も一緒です。

DSC07866

しばらくして、相原さん仕切りによる増田さんとやよいさんのクイズがスタート。
「増田さんの出身地は ①奄美大島 ②伊豆大島 ③釧路 のどれでしょう?」というライトなものからスタートし、
最後は「増田さんが釧路に移住したその理由は?」という選択肢のない問いが。

DSC07877

この質問には全員が自分が思う釧路の良さを語りながら答えます。
「自然がすぐそばにあるから」「変わった人が多いから」「人が良かったから」など沢山の意見が出ました。
そして増田さんからの答えは以下のようなものでした。
はじめは北海道のどこかに住みたかっただけなんだけど、釧路に来た時にいろんな面白い人に出会った。 釧路で泊まったユースホテルのオーナーは熱く釧路湿原を語り、宿泊者同士で作ったマップの中にあったジャズ喫茶に行ったらそこのマスターに惹かれてしまって。そしたらもうここでいいかな〜ってなって住み着いて、結婚もして、もう何十年も経っちゃった
そして、「釧路とは単に相性が良かった」という言葉も非常に印象的でした。

DSC07900

クイズの後は、長崎さんのところでいただいたカニや釧路名物ザンギ・ザンタレを食べながら引き続きワイワイ。
長崎さんからは昼間に聞き足りなかった漁や漁師という職業の話を深く聞くことができました。

DSC07902

また、途中からは休坂に宿泊されていた札幌からの一人旅中の学生さんや、中国から来た家族旅行のお客様も一緒に。
増田さんが彼らのチェックイン時に「今晩、こんなイベントがあるので参加してみたら?」と声をかけてくださっていたようでした。
さすが、旅人と市民をつなぐ宿!
英語が堪能な参加者が通訳を買って出てくれ、途中で行われたゲームにも参加してもらいました。

DSC07959
そのゲームの一部がこちら! 翌日、酒蔵を見学する予定の「福司酒造」から販売されているヨーグルトのお酒「みなニコリ」。 こちらと、飲むヨーグルトと日本酒を混ぜたものを飲み比べよう、という企画です。

DSC07951

見た目はこんな感じ。ほぼ一緒ですね。 飲むヨーグルトとお酒を混ぜたものはさらさら、
みなニコリはそれよりもすこしトロッとしています。

DSC07963

さぁ、この二つを飲み比べてもらって、本物だと思う方に手を上げてもらいます。
結果は、なんと半分以上がハズレ!!大半が飲むヨーグルト+日本酒を本物だと思っていたようです笑
(ヨーグルト+日本酒の方が本物のみなニコリよりお酒っぽい感じが強かったからかな〜?と個人的には思っています。)

IMG_3331

宴もたけなわなところでしたが、最後はみんなで記念撮影! 入りきらず溢れちゃってます。
長崎さんのぶっきらぼうだけど優しいところや、相原さんの徹底準備からなる企画や気遣い、 増田さんの独特な視点のツッコミ、やよいさんの天然っぽいやさしい雰囲気など、やはり実際に会わないとわからないものって沢山あるなぁ、と改めて感じる1日となりました。
ぜひ、今回参加されなかったみなさんも、この素敵なクスろ人たちに会いに行ってみてくださいね!
(2日目に続きます)

IMG_3148

さて最後にスペシャルサンクスのご紹介です!
いつも素敵な写真で釧路を発信する「くしろはてな」の中川さんに記録係をお願いし、今回のツアーの写真を撮っていただきました。
参加者とクスろ人の生き生きとした交流の様子が伝わってきますよね!
中川さん、お忙しい中本当にありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加