2015-02

2015-02-26
第3回クスろワークショップ レポート

2/22に今年度最後となる第3回のクスろワークショップが開催されました。
その様子をご報告をします!

01

クスろワークショップとは?
クスろワークショップは、私たちkobitが様々な価値観の方と「釧路の魅力とは何か?」を
真剣に考え話し合う場を作りたいという思いから開催したもので、2014年度は今回を含め、全3回を開催しました。
「クスろワークショップ」を通して、「何かしたい」という気持ちから実際にアクションを起こすキッカケが作れれば良いなと思っています。

第1回:自分らしい釧路お出迎えスタイルを考える(2014/9/21)
→いろいろなお出迎えの方法を知り、釧路の観光を自分目線で考える
レポートはコチラからご覧ください!

第2回:こんな釧路だったらイヤだ(2014/12/13)
→最悪なシナリオから考える、理想の街ってなんだろう?
レポートはコチラからご覧ください!

第3回:クロシロクシロ(2015/2/22)
→私たちが実現したい「これからのクシロ」にクロシロ判定を!

<第3回クスろワークショップレポート>

web_archive

【テーマ】
クロシロクシロ – 私たちが実現したい「これからのクシロ」にクロシロ判定を!

9月と12月に行った第1回と第2回のクスろワークショップの成果をもとに、
私たちクスろが実現したいと思う「これからの釧路」のアイデアを考えました。
第3回となる今回は、そのアイデアに対し参加者のみなさんから、クロシロ様々なコメントをいただく場をつくります。
そして、そのコメントを生かした「これからの釧路」のストーリーを私たちと一緒に考えてみませんか?

【ワークショップの流れ】
・全体概要説明
・アイスブレイク
・クスろが実現したい4つのアイデア紹介
・ゲストスピーカーによるキートーク
・チーム分け
・各アイデアの課題共有
・課題を解決するための解決策を考える
・全体共有、まとめ

今回の会場はマリン・トポスくしろ。港のすぐ近くにある水産資料館です。

02

マリン・トポスは、釧路市民であれば小学校の社会見学で誰もが来たことのあるという場所なんです。ザ漁業のまち。
その会議室をお借りました!
日程変更があったのにも関わらず、40名近い方が参加くださいました!本当にありがとうございました。

【全体趣旨説明】
まずはワークショップ趣旨の説明です。

03

ファシリテーターは1,2回目同様、東京・横浜で活動している鈴木高祥さん。
3度目の釧路となった今回はなんと日帰り!

続いて代表夏堀からの挨拶です。

04

kobitのこれまでの活動内容と1,2回目の内容を説明しました。

【アイスブレイク】
まずは会場を和やかな雰囲気にするためのアイスブレイクとして簡単なお絵描きクイズを2問。

05

1問目は「釧路の形」これは難しかったようでいろんな形がありました。中にはハートや文字の変形でうまく現している猛者も。
続く2問目はkobit代表「夏堀」。

07

実にみなさんブスに書いてくださり、我々は感無量でございました!

【kobitが実現したい4つのアイデア】
1,2回目のワークショップの結果から、市民が感じている「釧路らしさ」「課題」を整理したシートを作成しました。
それをもとに、kobitが今後実現したいと思う以アイデアを以下4つ考えました。

08

1. 自然とつながりが生まれる場所を市民と協力して作りたい
–  駅前の空き家を活用したコミュニティスペース
2. ぶっちゃけどうよ?地域の仕事人セミナーを開催したい
 –  地域で仕事をつくっている人によるビジネス講座
3. 会いに行きたい「ひと」めぐりツアーをやりたい
 – 釧路のスゴイ人から知るまちの魅力
4. 東京にいながら釧路と関われる方法を作りたい
 – 故郷を離れて暮らす人が地元の地域活性に参加

会いに行きたい「ひと」がいる街くしろを目標に活動をしているkobitですが、
「ひと」に加えて「場」「他地域とのつながり」「釧路出身者とのつながり」を軸に今後は活動したいと考えています。
でも、本当にこれって釧路に必要なのか?他の人はどう感じるのか?という正直なコメントが知りたく、
市民のみなさんとざっくばらんに話ができればと思い今回このテーマを設定に至りました。
アイデアに対するディスカッションはワークショップの後半に行います。

【ゲストスピーカーによるキートーク】
釧路を発信しているゲストスピーカー5名によるキートーク。
テーマは「発信者から見た釧路」です。
釧路をどういった視点で誰に向けて発信しているのかや、それによってどのような変化が出てきたのか、
最近の傾向等を話してもらいました。

09

キートークはフィッシュボールという、ゲストは内側・聞いている人は外側に円になって座るという形式で行いました。
ちなみにフィッシュボールは金魚鉢という意味らしく、ゲストが金魚鉢&金魚でそれをみんなで見ている、
ということなんだそうです。

キートーク前半は全国紙「北海道生活」や、デザイン性がとても高い釧路のフリーペーパー「KUSHILOG」の編集をしている
株式会社コスモメディアの3名。
コスモメディアの皆さんは札幌から来てくださり、市民にはなかなか見えない雑誌編集という視点から
釧路について語っていただきました。

10

発信の際、気をつけていることは「”カタログ”にはしないと決めている」こと。
平均的に情報を網羅するのではなく、本当におススメしたいものをピックアップして
表現方法もそれぞれにの情報に適した工夫をする心がけをされているそうです。
その地域の魅力を表現する際に気をつけていることは?との問いには
「実は伝える事柄はこれまでと変わらないもの。大事なのは発信されてきたものをいかにこれまでと同じ表現にしないか」
とのお答え。
皆さん、物事の裏側にいる人の顔や意図が見えるように<ストーリー性>を重視するそうです。

後半はコスモメディアさんのお二人はオーディエンスに。
そして、釧路管内を取材でまわっているテレビ記者さんと、飲食店を経営しながら市内で様々な地域活性となる企画を作っている仕掛人の
お二人に中央に入っていただき、釧路に住んでるからこそ見える視点で、釧路について語っていただきました。

テレビ記者さんに、取材地での気づきを問うと、
「元気な街を取材していくと最後に辿り着くのはキャラの 濃い『人』で、その人の周りには必ず仲間がいる」
とのことで、<人>がまちづくりの基盤だと常々感じる そうです。
また、発信の際に大事にしているポイントは、<ニュース性><社会性>だそうで、
他地域で同じ悩みを 抱えている人たちにとっても役立つような情報発信の方法を考えるとのこと。

ゼンスタイルダイニング大野さんは、 地域活性で夕日ハイボールの事例をお話いただきました。
地域活性のプロジェクトで大事なポイントは <ストーリー性><継続性><デザイン性><面白さ>の4つで、
中でも<継続性>の部分では代表者のモ チベーションが保たれることが重要だとおっしゃっていました。

キートークの最中には気になった事をメモしてもらい、終わった後は近く人と意見を共有してもらいました。
オーディエンスのみなさんがすごい数のメモをとっていたことに驚きました!

ちなみにこちらがKUSHILOGです。釧路にお越しの際にはぜひ手に取ってみてくださいね!

kushilog


【チーム分け / 各アイデアの課題共有】
4つのアイデアの中から興味のあるものでチームを作ります。まずはワークに入る前にグループ内で自己紹介。

12

今回は「カタルタ」を使ってみました!「カタルタ」は発想力を高め、コミュニケーションを豊かにするカードセットです。
想像以上に盛り上がったこのカタルタ自己紹介。おすすめです!ぜひ!

さぁ、続いて今回の目玉のワークです!各アイデアにつき2〜3チームでき、アイデアの課題とその解決策を考えます。

13

「場」「人」「費用」「スキル」「時間」等のカテゴリ毎に課題を整理し、解決策を横に貼っていきます。

15

まずは課題1つに対し、解決策をどんどん出していきます。

14

ワーク後半には、解決策を複合的に組み合わせて具体的なアイデアに 落とし込んでいるチームもありました!

【全体共有】
グループで話あった内容を全体で共有します。

16

17

シロとクロのフラッグを配り、オーディエンスは「良い!」と思ったらシロを、「うーん」と思ったらクロを挙げます。

18

シロシロ!クロ!等、色々な声が飛び交いました。
全チームが発表し終わったら、各チームのテーブルをまわりながら発表内容を振り返ります。

19

一番面白い解決策が出たと思うチームのテーブルに集まってもらう形式の投票も行いました。
その後、本日のワークショップで何をやったかを振り返りを行いました。

20

最後に、ゲストからそれぞれ一言ずつコメントをいただきました。
釧路の方々はとっても熱い!と皆さんも感じたようで、今後が楽しみ!とおっしゃっていただきました。
トークだけではなく参加者の方々と一緒にグループワークにもご参加いただいたことで自然な交流が生まれたことが嬉しいですね。
そして、代表夏堀・ファシリテーター鈴木さんからも、今年度を通した感想もお話ししました。

全体共有では、私たちkobitだけでは知り得なかった&気づかなかった課題や解決策も多く出ていました。
きちんと整理して、しっかりと消化させていただきたいと思います!

【懇親会】
ワークショップ終了後はそのままで懇親会に。
今回は半分以上が初参加だったこともあり、名刺交換やはじめましてのご挨拶が会場のあちらこちらから聞こえ、
にぎやかな場となりました!

21

さて、3回目となったワークショップですが、今回は挑戦した新しい内容も多かったこともあり、
至らない点が随所にあったかと思います。
みなさんのおかげでなんとか終えることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

3回を通して、こんなに釧路について真剣に考える人が多くいることを知りました。
年齢も職業も違う人たちが、同じ「釧路」というテーマに対し熱く語り、深く考え、だけど楽しんでいる!
そんな光景を見るうちに、こういった場をもっとつくっていきたいと強く思うようになっていました。

今回、発表した4つのアイデアはワークショップ用に作ったものではなく、
昨年の4月から始めたkobitでの活動(取材・ワークショップ・イベント)を通して本当に今後やっていこうと思っているものを、
現段階ではまだ早いのは百も承知の上で、正直ビクビクしながらみなさんに見ていただきました。
しかし、これまでと同様に、参加者のみなさんが熱く真剣に議論してくださったおかげで、
実現に向けて動き出すための要素がぐっと増えました。

4つのアイデアの軸となるコンセプトを明確にし、今回皆さんにいただいたアイデアやご意見を整理して再考するために、
少々お時間をいただきたいと思っています。
(現段階で実現のタイミングまではまだお伝えする事ができず申し訳ありません。)
この4つがどうなったか&来年度のkobitの活動内容につきましては、近いうちに必ずご報告させていただきますので、
それまでしばしお待ちいただければと思います!
お楽しみに!

【おわりに】
今回は直前の日程変更に伴い、みなさまにご迷惑をおかけしたこと、改めてお詫び申し上げます。
急な日程変更にも関わらず、参加してくださったみなさま、快く引き受けてくださったゲストのみなさま、
会場を貸してくださったマリントポスのみなさま、本当にありがとうございました!
どうぞ、何卒、今後も我々kobitをよろしくお願いいたします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2015-02-24
「第3回クスろWORKSHOP」を開催いたしました!

おはようございます!
2月22日(日)、「第3回クスろWORKSHOP」を開催いたしました!

P1040295

もともとは1月31日(土)に予定しておりましたが、悪天候の影響で延期をさせて頂きました。
お忙しい中ご予定を開けて下さっていた皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。

今度こそ晴れて!と神頼みをして迎えた朝。天候は!…気持ちのいい「くもり」!

さてさて、本編には40名近くの方々がいらっしゃいました。
今回も20〜60代までの幅広い年齢層・年齢層の方々で、公務員・商売人・主婦・学生、などなど…色んな業種の方が。
皆さん本当にご参加ありがとうございます!

P1040340

お借りした会場は、港に面した釧路市水産資料展示室「マリン・トポスくしろ」さん。
釧路地域のお魚の歴史や漁業の技術などを展示している施設です。
本来は閉館日である日曜日にも関わらず、快く解放くださいました。これまた本当にありがとうございます!

第3回のワークショップのテーマは
『クロシロクシロ』
-私たちが実現したい「これからのクシロ」にクロシロ判定を!-

9月と12月に行った第 1回と第 2回のクスろワークショップで出た「釧路らしさ」と「課題」をもとに、
私たち kobitは実現したいと思う「これからの釧路」のアイデアを4つ考えました。

P1040309
そのアイデアを考える前に、まずは釧路の地域活性の実践者、メディア関係者の方々をゲストスピーカーにお招きして会話のキャッチボールを見聞きし、別視点をインプットしていただきます。

P1040316
今度は参加者のみなさんから、クロシロさまざま なコメントをいただき、煮詰めていくグループワークのプロセス。

P1040355
いよいよ皆さんに考えて頂いたクロ(課題)をシロ(実現可能)にするアイデア屋ご意見を発表いただきます!

P1040373

さて!クロシロ判定は?!

…と、概要はここまでです。
今回もとっても活発なディスカッションが行われ、熱気がさめやらぬ状態でした!
今回の詳細レポートは近日公開です!
お楽しみに!

P1040394
懇親会にて。
スタッフ一同、皆様への感謝を込めまして、お疲れさまでした〜!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2015-02-13
冬の阿寒湖畔であの2人にお会いしました!

おはようございます!ぼりです。
冬の阿寒湖畔に行って参りました。

阿寒湖畔①

その目的は…もちろん!!
ザリガニ料理ブラザーズでおなじみの石川さんご兄弟にお会いしにいく為でした。

まずは国設阿寒湖畔スキー場に向かいます。


P1040167 シーズン中はこのレストハウス3階で、弟さんの武司さんが営む「たけし食堂」を楽しめます。

P1040165
12時頃、シェフ武司さんがフライパンを振っていました。
店内はお客様で大にぎわい。
あつあつ土鍋のザリガニスープカレーだけではく、武司さん特製そばも人気のよう。
おいしい料理と、地元の方にもスキー客にも喜ばれるきさくな接客が魅力です。

10984663_643006599158083_181466539_nせっかくなのでぼりもスノーボードを楽しんできました。
晴れていて天気も良いし気持ちいい!

一汗かいたところで…

お次は、お兄さんの栄一さんが営むカフェ「温泉工房あかん」さんにお邪魔しました。
スキー場から車で10分ほどの温泉街の中に位置しています。
屋内でケーキを食べながら足湯が楽しめるようになっていて、
この時は地元の中学生が足湯に浸かりながらテスト勉強をしていました。ほほえましいですね。

さっそくお兄さんの栄一さん、奥様、おばさまが元気にお出迎え!

P1040176
今週末はバレンタインデーということもあり、レジカウンター前にはチョコの特設コーナーが。
栄一さんが開発した「ダイダイのチョコレート」は特別な意味が込められています。
大切な人への贈り物にいかがですか?


P1040177
今回もあーでもないこーでもないと、たくさん笑わせて頂きました。
皆さんとお会いしてゆったりした気持ちで過ごす休日も楽しいですね。

ぜひこの時期しか味わえない冬の阿寒湖畔を楽しんでみてください!

アクセス
・たけし食堂(武司さんのレストラン)

北海道釧路市阿寒町シュリコマベツ4−4
国設阿寒湖畔スキー場「ウタラ」 レストハウス3階
http://akan-ski.com/access/index.html

・温泉工房あかん(栄一さんのカフェ)
釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目4−29
0154−67−2847

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2015-02-07
ケーキも仮装もユニークに楽しむ!オーダー専門ケーキ職人

sasada01

笹田悟子

厚岸町出身 釧路市在住

1981年生まれ。
高校卒業後、古着屋、ホームセンター従業員、車の板金修理などの職歴を持つ。
お子さんの為に作った誕生日ケーキをきっかけに、自宅のキッチンをケーキ工房専用で保険所の許可を取得し、オーダーケーキ専門店Dear Angieを開業。趣味はお友達との仮装で、クオリティにはとことんこだわる。

釧路市内に、おもしろいケーキを作る職人がいると聞きつけて、自宅兼工房を訪ねた。
迎え入れてくれた笹田悟子さんは、刈り上げに腰パンと、まるでいかついダンサーチームリーダーと見間違うほど、とってもファンキーな雰囲気。
(悟子さんはご自身のことを「僕」と呼ぶ。)
手始めに、彼女が取り出したのは笹の葉を散らした模様の緑色の台。ケーキの土台にしては、だいぶ和風な気がするが…

深海魚なら、胃袋出しますか?

悟子さんのDear Angieは、オーダーケーキ専門店である。主なオーダーは誕生日ケーキ。
知り合いから口コミで噂が広がり、今では遠方からも予約が集まっている。

sasada05

ー なんのケーキをつくるんです?

今日はメンメのケーキ作るよ〜。オーダーしてくれた人の父ちゃんが漁師さんで、一番好きな魚がメンメなんだって。
美味しいよね!僕も好きな魚ランキング上位に入ってるよ!

※メンメとは、釧路ではポピュラーな深海魚

ー 魚のケーキのオーダーって結構あります?

うん!結構あるよ!釧路っていう土地柄かな〜?僕ね、魚作るの超好き!

ー ほぉー!魚もケーキで作れるんですね!

うん!僕、漁師の娘だから、魚にはこだわるんだよね!魚のオーダーはめちゃめちゃ嬉しい!異常に張り切って作っちゃうもんね!
たとえば、今日みたいにメンメのオーダーをいただいたら、「深海魚なら本物は陸揚げしたとき胃袋が口から出ますけど、そのリアリティも出しますか?」とか聞いちゃうんだよね笑!
そしたら、「そのほうが面白いんですか?えっと、・・・任せます(苦笑)」とか言われて笑。
「あら、引かれてしまった笑。よし、普通にしよう!」って思ったり、こそっとやってみようかなと企んでみたり笑。
そんな感じでいつも楽しいケーキ製作をしています!

ー 昔からケーキ作りはしていたんですか?

いやいや、してないよ!そういうセンスないと思ってたもん笑!
娘の誕生日ケーキは初めお店に頼んでたんだけど、自分でこういうのあったらいいなっていうケーキがあんまり無くってさあ(苦笑)。
無いなら自分で作ればいいじゃないの!ってやってみたら出来ちゃって笑。
それがはじまりかな!ははははは!

ー けど、なんで本格的にケーキ屋さんをはじめようと思ったんです?

そこから友達にケーキを頼まれて作るようになって、その中のお店をやってる知り合いが、ケーキを沢山褒めてくれて「お店始めてみたら?」って言ってくれたのがきっかけ!そこで僕のケーキ魂に火がついた!

sasada10

悟子さんの作るケーキは、単なるデコレーションケーキの域を超えていてちょっと笑えるユニークなものも多い。ケーキそのものの形が魚や鹿、焼き肉なんていうのもある。

ー ケーキの技術はどうやって学んだんです?

Facebookでケーキデコレーターのグループがあって、そこで情報交換とかアドバイスもらったりしてるよ!
いつも教えてもらってばっかりだけど笑。あとはyoutubeや本も参考にするよ。
色々と失敗することもあったけど、ケーキ作りは奥が深くて楽しいってすごく思う!

ー Dear Angieのこだわりってなんですか?

僕の作るケーキは、お客様のイメージ通りなもので、さらにお腹いっぱい食べれるものにしたいな〜って思うんだ!
その為に、お客様に話を沢山聞いたり、ネットや本で情報収集を目一杯して、その人にぴったりの形を時間をかけて考えるの。
それから、最初から最後まで美味しく食べれるように、甘さとくどさを押さえるようにしてあるんだよ〜。
食材は品質にこだわって出来るだけ国産を選んでるんだよね!

ー もともとなにか物を作ったりするのも好きだったんです?

ちっちゃい頃から絵を描くのが好きだったよ!
昔、古着屋で働いてた頃はイラストを描いてそれを売ってたりもしたんだ!

ー へぇー古着屋さんだったんですね!服は作ったりしないんですか?

うん!娘の服は作ったよ〜!娘が生まれた時、この子は、レトロな雰囲気が似合うんじゃないかなーって思ってさ!
座敷わらしみたいな感じにしたくて、髪型も座敷わらし風にしてたよ笑。
でも、なかなかイメージ通りの服って売ってないのさー。だったらこれまた作ってみようかなって、色んな生地買ってきて作ってたよ!
沢山失敗もしたけど笑。

仮装する二児のママ

仕事を離れると二児の母の顔も持つ悟子さん、幼稚園でもプライベートでも仮装を通してムードメーカーとなっている。

sasada06

ー そもそもどうして仮装なんですか笑?

まず一に楽しいから!二に笑えるから!三に我を忘れるから!ははははは笑。
楽しいものって言って、ぱって思い浮かぶのが仮装なんだよね笑。母ちゃんと姉ちゃんも好きだから、これ血筋!しょうがない笑!

ー どんなときに仮装するんですか?

幼稚園のクラスのクリスマス会とか市内のイベントとか自宅のパーティーとか、あと普段でもする笑。

sasada07

幼稚園のクリスマス会やハロウィンパーティは仮装を。年々クオリティが上がっていく

家族との時間を大切にすること、自分自身が楽しむこと

sasada11

ー 悟子さん、本当に友達多いですよね〜!

もともと人見知りなんだけどね!シャイなの、シャイ笑!
でも性格的に、猫かぶって接する事も出来ないから、ワーワー楽しんでたら、皆も一緒に盛り上がってくれる感じ笑。
たまについてけないって怒られるけど笑。

ー 悟子さんにとって、ケーキってなんですか?

ハッピーになるもの!
泣きながらケーキ食べる人っていないでしょ?
特に1才の子の誕生日ケーキのオーダーが来るとうれしいんだ〜!
自分の子どもの1歳の誕生日が特別な気がしたからさ!本当に、作らせてくれてありがとうって思う。
そういう、ハッピーのお手伝い屋さんになれるといいな〜と思うよ!

ー これからやってみたいのは?

家から近いところに、⼯房を持てればいいなあって思ってるよ!家のキッチンでやるのも、だいぶ⼿狭になってきたしね〜。
もともと、⼦どもといる時間を⼤切にしたくて、自宅で出来る仕事だからってことで、ケーキ屋を始めたの。
だから、これからも家族との時間と、⾃分の技術を磨ける時間をどっちも持てるといいなあ〜って思うよ。
あとケーキでやってみたいのは、ダイオウイカとシーラカンスのオーダをめっちゃ待ってる笑。深海魚って、ほんと大好き!

ー はい笑。最後までさすがです!楽しいお話をありがとうございました!!

sasada09

娘さんのために手作りした洋服(左)と大切にしている家族との時間(右)

悟子さんは、ファンキーな第一印象とは裏腹に、元気で明るいかわいらしい性格の方だった。
いつでも、「かわいいものをつくりたい!楽しい企画にしたい!」っていう欲求に正直で、それを⽬いっぱい楽しんで表現するから、いつの間にかみんなも楽しく巻き込まれてしまうよう。それは、なんだか彼女の女性的な魅力がなせるワザのような気がする。
こんなすてきな先輩女子がいる釧路って、ちょっと、やっぱりすごいかも。

笹⽥さんに出会うには?
Dear Angie Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/pages/Dear-Angie/727676530607834

このたび「ひとめぐり」に新しくライターが加わりました!
はじめまして。愛知からやって来ました、しょじくるです。
一部の噂では、北海道とは一番相性が悪いという愛知県。
確かに、釧路に来てから、いろんなカルチャーショックにボティーブロー、という気がしないでもない今日このごろ。「ソトの人」から見える釧路のびっくりやおもしろさを、お届けできたらと思います。


しょじくるの編集後記
shojikuru今回取材の終わりがけに、思いがけず仮装をさせていただきました。
いきなり満点の笑顔でヅラを被せてくるおちゃめな悟子さん。あっという間に顔中しわと線だらけのメイクを施します。もはや、誰だかわからない顔になることで、他⼈になったような気持ちで素直に話ができる。そして、洗顔した後のすっきり感。どぎついメイクを落とすついでに、⽇頃の悩みも流れていく感じです。これ、ほんとにいい。「ストレス発散!仮装ワークショップ」いつか⼀緒にやりましょうね、悟子さん!

このエントリーをはてなブックマークに追加